Cats.com Sport machen 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write
洛西はしょうじきめんどくさをです
171号線も1号線も行きも帰りも交通渋滞でちんたらなんたら
何が楽しみかというと帰りの飯
これに限ります

でも今日はよりによって寿司
ぼく寿司食べれません
海鮮が無理じゃなくて
酢飯が無理なんです
後わさび

でも皆行くってことでもういくしかないわーっと二条のくら寿司行きました
んならくら寿司酢全然効いてないし、わさび入ってないしってことで食べれました
んなら普通に美味しかった

帰りに渡米サークルのイベント起こして
そっからようへーの家行きました

そこでマサトのファイトぶりかっこよかった
1回ダウンしてから敵さんどんだけたこなぐりにすんねん!
しかも紙一重でかわすあたりは伊達のいなしに匹敵する神業やん

敵さんである”美しき死神”もまたまさとに何度もクリーンヒットくらっても立ち続けるし
ほんま美しかった
死神にはなれんかったけど
すんごい試合やったなー

そして清原の引退試合よ
感動したけど格闘試合でもあるかのような
そうそうたるメンツ

でも膝がほんとに限界ってテレビ越しでも伝わってほんとにかっこよかった
んでドキュメンタリーやっててそこに出てきた涙をこらえる桑田もまたかっこいい
とんぼの大合唱とかほんま凄かったなー
それにしても相手ピッチャーの杉内は偉かったなー
全打席全球ストレート!
一つの時代が終わったんやな~

周りのブロガーさんと内容だだかぶりだけどそのへんはしゃぁないってことで
PR
今日は京大戦

出る!と思ってたけど出れませんでした
いち控え選手でした
あっ結果負けました
あっ部のゲームリザルト読んでみてください
あれもんたが書くときもあるけど
ぼくもあれ書いてるんで
ちなみに今日ぼくの番

見てると当たり前やけどもどかしいよね
シュート少ないなー
ここ自分やったら勝負で抜きにかかるかもなー
自分が出てたらこの結果がどうなってたかなー
自分がそん時ぼーるまんやったらどうしてるかなー
とか思ってみてました

こんな事言うでもなんつうかただの強がりよね
やっぱ試合に出てる人にしかわからんもんってあると思うし

まっでも何かが足りないから試合から外されたんよね
あれこれ言うてもしゃあない!
これをどう生かすかってことがどうやったってことより今は大事だもんね

まだ終わったわけとかと全然ちゃうし、
目先のVSどぅーししゃに向けて・・・やな
詳しくは別のとこで・・・やな

でだ

終わってからは

帰り道に総合寄って
高校んときのお友達が試合してるみたいなんで
それをちらっと見てきた

でも、行ったん遅かったからそのお友達出てなかったんでぼーっと観戦して
なんつうかSHOWやってこんなんでええんかーおもって
横のアリーナに久々行きました

インストラクターの人とかと談話して
軽くエクササイズしておうちに帰って

母親と自分が誕生日ってこともあって
家族でごはん食べに行って
弟の暴走と
父親の声のでっかい話に
笑って楽しい感じで
家に帰ってきました

夏休み最後の日はこんな感じでした
履修どうしよー

ってなかんじです
とにかくやってやるぞと昨日の晩
遂にこのときが来たかと

この3年間振り返ってました
ノートとか見たり
ブログ読み返したり
ありのままをぶつけるだけやと

去年成し得なかった
先発出場も果たせました
チームも勝ちました

自分自身の役割は1じゃなく0、5だったけど
それでも希望に満ち溢れてました
けど、自分の内容は自分自身のプレーでの持ち味と悪いとこが両極端に出てしまいました
0、5が0、6や0、7と1に近づいていけなかった

これを絶対に無駄にせずに次につなげて行きたい
そして

ここが自分の底辺
もうこれ以上悪くなることはない
同じ過ちは二度と犯さない
悪いものは全部出た

嬉しさ半分悔しさ半分正直そんなとこ
次の試合でその舞台に立てるように
今日たくさん気づけたこと
それを1つずつ丁寧に噛み砕き
これを無駄にはしない


明日は検査です
脊髄、下手しぃ脳への影響がないか心配だけど
検査の結果はすぐでないんでただいいと願うばかりです
せっかくできたチャンスをこんなんでふいには絶対したくないです
しがみついてでも食らいついていかなあかんときです
ここが今年の勝負所


0、5から限りなく1に近づけていくのが自分の役目

自分の持ち味、仕事をしながら1に近づけていくこと
これをしっかり考えて
次の試合までの2週間取り組んでいこう

今日は試合に勝ったけど自分に負けた
次は試合にも勝って自分にも勝って

気持ちを充実させて自信を蓄えていこう

今日チームにあんまり貢献できなかった分
チームが苦しいときにこの貢献できなかった分を絶対返す!!
080818_212640.jpg








ちょっと前にIKEA行ったんですけど
そこに売ってるもんはどれも壁に穴を開けたり
くぎをうったり、おしぴんでわずかに刺したり
賃貸住宅にはダイジョウブと言われててもどうしてもその一歩がなかなか

ふと思ったのが壁に穴開けたらあかんねんやったら
自分で壁作ったらええんや!
っと思ってたんで
練習終わってから

木材とくぎを買ってきて執行
2時間くらいで新たなインテリアグッズ完成
この写真ちょっと見にくいかもやけど

最近部屋いじってなかったから久しぶりにいじると楽しいです
今日の費用は1000えん
ややすい

ぼくんちは基本的にこういう出費はできるだけ抑えたいんで
なるべく手作り
=もろい

まだまだ途中段階やけど
木曜のOffにはある程度完成させたいなっと

それを兼ねて掃除と
安い細かいグッズは神戸で買い物
木材はコーナン
ちょっと手づくりが厳しかったらIKEAへ

明日はハンズで買ってきた
いろんな形の発泡スチロールを使ってペイントです
練習の後にこうしてちょっとした楽しみがあると毎日もちょっと得した気分になれます

(Lettre Du Front)  (feat Sefyu)     Kenza Farah

昨日神戸から帰ってくるときがらがらの電車でこれ聞くと
なんだかすごく悲しくて切ない気分で
でもなんだかちょっと自分に酔えそうでした

前言ってた野球のドリームチーム(JAPAN)

監督 野村克也

1番 イチロー ライト
2番 青木 センター
3番 新井 ファースト
4番 金本  DH
5番 松井秀 レフト
6番 岩村 サード
7番 城島 キャッチャー
8番 松井稼 セカンド
9番 川崎 ショート

何のひねりもなくてすみません
迷ったとこと言えば
3番を松中にするか新井にするか
結果勝負強さで新井となる

サードも岩村と宮本でまよったけど長打を期待できるのはやはり岩村
個人的には今江も捨てがたい

二遊間は
西岡
田中賢
荒木
東出
と多彩だけど
川崎の安定感と
松井のパンチ力かなと

外野は高橋由も捨てがたかった
そんな感じ
次は何にスポットライトをあててみようかな
なんて感じで今日はおしまい

  
オリンピックも中盤にさしかかる中
1つの競技が佳境をむかえました

Baseball

北島もすごかった
柴田亜衣はとても残念
野口みずきもすごく可哀想
おれなんかに可哀想って思われることが可哀想
柔道の鈴木もん?どした!?
と思うような試合だったし
谷さんも銅メダル
内柴は貫録
棟田さんは金メダル
そして女子柔道の1番重い階級では最後の10秒で逆転
中村礼子もメダルには届かず
水泳、柔道と言った競技が主流で進んでいく中
でもなんだか1つの時代が終わりを迎えているんだなって感じてます
新しい新鋭、新しい時代の幕開けを一方でなかなか感じることができません

その中でも今日の野球
VS韓国戦
面白くなること間違いなし
接戦間違いなし
との中で注目してみてました

9回のあの守り
まず岩瀬が先頭ばったーを四球で出したときに悪い予感がしました
先頭バッターをあの場面で出すという意味は大きい
そして真芯ではないけどじょじょに芯でとらえられてる感
アウトコースに厳しい球がいい具合にきまってたけど
日本の審判ではないあからやっぱりしゃぁない

1点勝ち越された後のバントのショーフライに対しての村田のあの処理
思わず怒りがこみ上げてきました
もともと村田はあんまり好きではないってのもあるんですけど

そしてそのあとの1、3塁になってからの阿部の送球ミス
あれは決定的な致命傷です
カウントで1塁ランナーが走ってくるにことに対して
自分が内野の陣形に確認を取ってどう対応するか
って指示出したのにあのミスはかなり痛い

そしてその裏の新井の3ベース
あれは男を感じました
そして村田も2ベース放ったにも関わらず
そのあとの阿部の打球
阿部に対して左のワンポイントリリーフの術中にはまったときはため息しか出ませんでした
そしてそこから下手投げのピッチャーに対してのG,G佐藤の三振
あれは完全にピッチャーを乗せる三振でしたね
配球を冷静に考えたらすごく単純なのに
それができない国際試合の難しさ
最後に空振りした球はこの球が今日はいけると思わせ
ピッチャーに自信を持たせ
味方にも難しい意識を持たせた球やったな

それにしても日の丸を背負うプレッシャーはやはり計り知れないんだね
高校野球も大づめをむかえて
いよいよクライマックス

四強には
強豪がずらり
大阪桐蔭
横浜
常葉菊川
浦添商

報徳は惜しかったな
関東一も足でかきまわしそして強打でかき乱すあの野球は魅力的でした
そして惜しいのが智弁和歌山との今日の試合はハイライトで振り返っただけだけど
ものすごい試合でした
智弁の全打者のスイング
4番バッターのあの振り
自分が現役の時も対戦して絶句したあの強打
常に強打を保つ秘訣はなんなのだろう

千葉経済付属も
あの4番でピッチャーのエースを中心に粘り強い野球だったし
福知山成美も早くに敗退したけど実力はベスト4並みです
市岐阜商?やったけな
あすこもすごい実力を感じた学校で
ダークホース的存在になる予感してました
仙台育英も打は申し分なかっただけに投手力にもうひとパワーがほしかったなっと


今日はリーグ戦の開幕戦でした
その前は練習
ノースローってことで走り込みを行ったんだけど
自分でメニュー考えてどういうイメージにつながってくかってすごく考えながらできたので
短いながらも充実したものが得られました
試合は昨年の1位VS2位という好カードで幕開けいよいよですね
名の知れた有名選手がぞくぞくとその実力の片鱗を見せつけてたけど
まっそういう人はそういう人で勝手にしてもらって
自分は自分で自分のやらなければいけない事に集中していきたいです
名の知れた人、無名の人
強豪のチーム、前評判のいまいちのチーム
自分がはたしてどの舞台たつか、たてるか
全試合たてるか、それとも1試合だけか、それともまったくか
それはわからないけど
それでも準備をすることであらゆる場合に対応して
自分のやらなければいけないことをしっかり果たしていくだけです
いかに自分を出していくか
そのためにどうするか

会場には中学の野球部の友達もいて久し振りにしゃべってると
ラクロス界はこんなにちゃらくていいのか?
そう言われました
中からでも多少思ってたけどやっぱりそ外から見るが故余計そう思うんだろな
委員会の人とかマニアの人が一生懸命普及活動に励んでるけど
そういう努力が水の泡となっていく一言ですね
これぞマイナースポーツが故なんすかね

自分がやってることに対しても自信がなくなるもんよね
モラルだとか規律という部なんだろね
こんなん嫌いだけどやっぱりこういう部分が必要不可欠なんだろなって
そして僕、みんなが言ってるほど
KG嫌いじゃないです
むしろ好きです

誇らしげな姿
自分達が常にNO,1だという志
不思議にむかつくわけでもなく
あれを見ると逆に機嫌よくなります


最後に長くなったけど
自分が考える日本代表のスターティングメンバー

1番西岡 セカンド
2番宮本 サード
3番青木 センター
4番新井 ファースト
5番稲葉 ライト
6番中島 DH 
7番森野 レフト
8番矢野 キャッチャー
9番川崎 ショート


ここのみそはサードの宮本とキャッチャー矢野
そしてDHをだれにするかってこと
中島は守備に不安ありというかやっぱり川崎と西岡のコンビは外せないし
9番からでも1番から攻めるような攻撃ができるし
出塁率も高いうえにランナーに出るとかき乱せる
青木は絶対的な信頼があり
新井はもはや不動
どこでも守れる森野にレフトを守って
勝負強い打撃を期待
キャッチャーは肩に不安あるものの
熟練のリードは見逃せない
そして陰に打率3割マークしてる打撃もある

次は野球界から選ぶ日本代表でもやってみようかな
とりあえず今日はこのへんで
「肩甲神経麻痺」

練習終わって肩の違和感というか痛みというかまぁ昨日、今日の流れで
病院に行ってきました

そしたら多分この名前の症状
今までの仮定だとか詳しく担当の先生に話して検査したこの疑惑
筋肉がどうとか骨がどうとかという問題ではなく神経の問題
関節かなって思ってたけど神経の乱れが関節まで影響してるみたい
=そこそこやばい症状みたい
神経の症状は始めてやないんで驚きはしなかったけど
やっぱりショックでした


完全に治そう思ったらは半年~1年


必要な場合はもしくわ手術
すごく曖昧だけど

やってられません


まぁ今更やけど誰にでも痛いとこはあるもんよな

とりあえずシップと痛み止めの薬出してもらいました
資料を念のためお借りして郵送してもらったので
とりあえず神戸に帰って高校ん時に見てもらった先生にも見てもらおうかなと思います

神経の痛みさえ治まってくれたらなんとかなるはず


とにかくとにかくゆっくり治しとる場合やないです
リーグ戦開幕まで1週間
このブログには他大学の人も見てるやろって事で
極力Lacrosseの話題は避けてます
けど、やっぱいろいろ思うとこがあるし
こんなんに負けとられへんし終わりたくない

せっかくのチャンスをものにするためにも
ここらが踏ん張り所です
頑張れ自分!

痛くなんかない!

大学に入って大きな怪我もなく今んとこ過ごせてます。
自分の中ではとってもいいこと。
たまに腰が痛いってこともあるけど知れてます。
怪我をするといいことはない。
ほんとに染みじみ思うからです。
スポーツしてる人には誰にでもあると思うけど不安箇所みたいなとこ。
自分には3つあります。
「右腰、右足首、右肩」
腰は痛みが出そうになると実家帰って父親の知り合いの整体の人に見てもらってるんで今んとこは問題なしです。右足首は完全原因はベースランニングと野球独特のスパイクが原因だったと今になって感じてます。=今はダ・イ・ジ・ョ・ウ・ブ!
完全に治ってるわけでもなくただ潜めてるだけや思うけど、良好です。ええこっちゃ。

残る1つの右肩。
これが最近また厄介です。
たまに野球のボールだったりハンドボールを投げる動作をしようとすると痛み走って地面に叩きつけたりしてまいます。
自分がどういう怪我をしたかというと、
薄利骨折、だったり披露骨折、骨自体にひびというもの。
一見誰でもしたことあるような怪我です。
普通の骨折よりも軽度は軽いんだけど、でも治していく仮定でしっかり治さないと癖になる系です。

簡単に言うとそれが治る仮定に、固定器を外したりして無理してプレーすると
治っていく仮定で骨自体が微妙に変形しました。
変形すると起こる問題は神経と接触したり擦れる箇所に骨の位置が変わってしまう事がまれにあります。この症状です。言葉で表すのは難しいけど擦れると痛い電気が走る感覚です。
じゃこの症状がいつ出るかというともちろん「投げる」という動作です。
何故ここだけに症状が限られるかはよく分かりません。
「投げる」において痛みを和らげるもしくは、軽減させることは可能です。
便利なことに肘って箇所があるからです。決して良いとは言わないけど、肩を使わなくても肘という箇所で投げる動作は可能なんです!
ラクロスでは問題が出てくるか言うともちろん

「投げる動作」

肩の稼動域を少なくして負担減らして肘中心に。
所謂手投げということ。

今になってこの問題が急上昇してきたかというと
部活において自分が「投げる」という部分に安定感が必要だからです。
ラクロスは投げることでパスを行います。
パスを安定させるためには縦振りが必要。縦振りをするためには肩を使うことが必要。
わかってたことだけど。今まで散々言われててんけどこの症状が出るんが怖くて完全避けてました。
でももう避けられへんなーっておもてなんとかせな!
てことで思い切ってことで最近やってみてます。
案の定症状出ました。
これはアイシングとかでどうとかマッサージでどうとかなる問題やないんで非常にめんどいです。
筋肉でもなく関節でもなく神経だからです。
1発、2発は問題なくても数が増えてにつれてやっぱり電流きました!
ベーシックにやろうとするとどうしてもボルトが流れる。
そしてそれを変にかばうことによりいらんとこに力が入る。
しかし、それでは安定しない。
いかに怖さと向き合うか。

あー悪循環。しんど。


さっどうしよ。
他の打開策を見つけな。
まっでもまだ痛いとこが1つだけやからしれてるよね。
誰でも1つくらいあるし自分もなんとかせな!
それが不幸中の幸い。

あーやっぱ今年もしんどい年になりそうです。

このブログには極力部活のことは書かんとこと思ってるけど、今日は少し書こうと思います
やっぱり読書も音楽も食べ歩きも勉強も資格も買い物も絵画もバイトも恋愛もええけど
やっぱり自分の本職はスポーツだし
優先事項は部活
そして自分1番大きく成長できる居場所もスポーツであって部活であると今は思うからです

でもその部活でちょっと前トップチームからサテライトチームに落とされました
これから少しポツリと部のHPの結果のとこに「高橋祐貴」という名前が消えると思います
今週prideトーナメントスタートです
形だけを見れば去年以下です
去年はこの時期トップチームでかろうじて奮闘してたし
prideトーナメントも出れた
それはすごいよかった?
ってかどうでもいいやそんなこと
しかし結局1年終わってみれば凄くしんどい年だったし
辛いし苦しかったし精神軽く崩壊したし不満いっぱいだったし
吐いたし夜寝れないし
楽しいことなんて何1つなかったし
おもろいこともこれといってなかったし
嫌な思い出だらけです
Lacrosse is ストレス
でした


今年はこの状態をなんとかせなって1番思いました
その状態では上手くなれない
自分を苦しめるだけだ
だから自分をコントロールする事をこれまで春先からいろいろ取り組みました

正直この考えは苦しい事、立ち向かう事からの逃げかもしれへんなーとも思う
でもそsれは自分が弱い人間やからしゃぁないとも思う
でも逃げかもしれへんけどそれもやってみないとわからんて事でいろいろやってみてまた戻るんは
それはそれで遠回りやけど自分には+になると思う



けどそう思ってたら落とされました
まっ正直落とされる前はどっちでもよかったというのが本音です
だから落とされたことに別に不満なんてないんだけどね

選考を兼ねたその前での2試合では点も取って内容はさほど悪い内容ではなかったけど
まっ点を取るだけが全てやないし
単純なミスがなかったってわけでもないんやし
日ごろの練習でそんな目立ってるわけでもないしね
簡単に言ったら合わないと判断されたんやろなと思います
技術面も勿論だけどなく考え方の違い
それと将来性のある人間かどうかということかな

チームコンセプトに対して
こいつとはプレーが噛み合わないと
所詮自分達は幹部の人からしたら駒なんですよ
自分も他の競技で上にたつことがあったから上の人の考えもある程度は理解できるし、多分自分もそうなると思うこともいくつかある
やりにくいとかちょっとした感覚の問題
それぞれの欲望を満たすための

勝利という欲望
けど、自分は勝利への欲望よりも個人の勝負に対しての欲望の方が明らか強い
この時点で考え方がずれてるってのが伺える
要は組織力<個人力
組織とは個人力の集合であるという
という自分の考え
薄々違うなって感じてたけど多分今年のコンセプトに対して自分はここから見直さないといかんと思う
この迷いが完全プレーに出てると思う今日この頃

けど今回ここに自分が思う新たな考えが+されました
-から入っていくということ
~できたららっきー
という感覚
できる事を前提に考えると行き詰まるとどうしても急ブレーキがかかる
車で言うエンスト
このエンストにかかると自分は人よりも作動が遅い人間だからこの考え方は非常に有効かなと思ってます
勿論、そんな弱弱しい言葉では気持ちから負けてるかもやけど
自分には合ってると思う
教科書通りではない
でも教科書通りのことはこの点に関しては自分は向いてない
向いてないことやったってしんどいだけやし
合ってないことをやってもボロが出るだけ
入れ込むと自分は自分の力を発揮できないタイプです
やけど練習はしない、やる気はない
そうではないです
あくまで気持ちを入れ込むという問題です
それはリラックスするというか自分を冷静に保つ1つの考え方です

だからこそこれぐらいの気持ちが自分に1番合ってます
無論このままサテライトにずっといる気んばんてさらさらないけど
この考えを利用すると
別にすぐトップに上がることを考えず焦らずじっくりじっくり蓄え
下手しぃ1年がかりでもいいだろという気分です
周りがどうであろうがまずは自分なんです
もちろん1年もいる気なんてないですけどね
けど、考え方、技術にしろちょっとじっくり見直すにはある程度時間が必要や思います


まっこんなんやけど今は割とストレスもなく
自分に対する課題に勝手に取り組んでるって感じで試行錯誤しながらやれてそこそこ充実してます


自分をコントロールすることは今1つまだ制御できひんけど
自分がどういうのが合ってるか、自分がどういう人間のタイプかはある程度把握できつつあるし
それだけでも一歩前進ですね

これが果たして正しいのかそうでないのか
それは人に言われてどうこうなる問題でもないし人がこうだからと言って自分がそうする理由はどこにもないし、人それぞれであって自分で気づくしかない
遠回りでもいいから1つ1つ掴んでいこうと思います
正しくなかったらまた1から頑張ればいいんですよ
そこは多分苦でもなくストレスにもならず大きくいろんなことにつながっていけると思うし

春の選抜甲子園がとっくに開幕
リニューアルされた甲子園で球児が感動を展開
春休みだってのに朝早くの起床による自分との戦い
いつも思うのは練習が終わったら家に帰って昼過ぎには昼寝をしようという試み
もう終わりに差し掛かってるにも関わらず1度もその試みが実現できない

今回の春の甲子園は結果だけ見れば投手戦が数多く繰り広げられてるみたい
あくまでスコアボード越しの観点ですけど

この時間になると1日の疲れが足先から抜けていくのが肌で感じられる
それはいい事なのか悪い事なのか微妙なラインを漂ってるけど
1つ言えるのは疲れている
疲れは蓄積する
蓄積そして回復
しかし、全部は回復しきれない
少しずつ蝕む
そしてダウン

年を重ねるごとに体を壊すことが増え続けている
普通は逆なのにね
どうしたもんだい

サッカー日本代表が大幅入れ替えを行うみたいです

理想の布陣

GK
楢崎

DF
中田(浩)
中澤
トゥーリオ
松田

MF
稲本
小野
松井
小笠原
中村(俊)

FW
高原


控えとしては

GK

川口

DF

細貝
三浦(淳)
宮本
三都主

MF

山田
本田(圭)
藤本

FW

山瀬
田中
播戸


どーっすか

直接見てはないんだけど動画とかトピックスで見たんだけど
高橋尚子のマラソン

やっぱり皆注目してたみたいだし
自分も注目してたんだけど
残念だったなー

北京の舞台での
野口みずきとの戦いを見てみたかった
アテネと
どっかの金メダリストとの戦い
はかなくも現実とはならなかったなー

この背景には絶対ドラマがあるんだろなー
膝の半月版の損傷あたりが関連してるみたい

後は個人的に大好きな上村愛子がモーグルで総合優勝してた
すげー!
上村愛子は可愛いから好きってのもあるけど
めちゃくちゃはっきりした性格と
くよくよしない度胸がルックス以上に大好きです
にしても動画で見たあのターン綺麗なー
ヘリコプター健在やな

後は内藤さんが防衛したみたい
まっこれはどっちでもいいや

小野A代表復帰せんかなーと思うこのごろ
小野と稲本との直接対決生で見てみたいなー
とおもった

楽しかったよりまずしんどかったなー
精神的ではなく肉体的に

ふらふら
もうそりゃぁもうふらふら

対戦相手が知ってるとこ
なおかつマッチアップが知ってる人なら絶対抜いてやろう!
ってなった

この感じ久しぶりだな
関西圏なら京大、神大と対戦したんだけど

京大のたくま
神大のなおき氏

とマッチアップしたときは燃えたなー
やっぱこうでなきゃ

知らん相手とするのもおもろいけど
知ってるからこそおもろいってのもあるよね

おつかれ様です

自分が1番おいしいって思う食べ物やさんはもちろん誰にでもありますよね?
それでトーナメントしたいなって思った。
ほんで身近な人、日本全般、世界レベルでやったとき
食べ物としておいしいもの

ベスト1ってなんだろうって
自分の好きなお店に言って思った


今日はLacrosseグッズというか
スポーツグッズに不覚にも3万弱も使ってもーた

CHELSEAジャージ
Umbroスパイク
トルクHead

また貢いでしまった
Kongに

この時期って以外にセールとかたくさんしててわりとお財布の紐ゆるゆるなるね


定年退職したら飲食店を夫婦で経営するのが夢だ。
その為には30代で勝ち組になってやるぞぃ!

ではでは

http://kglax.d2.r-cms.jp/


関西学院大学Lacrosse部の

Homepageが今やばい
はんぱなく熱い!

なななんんだこれは
どうやったらこんなんできるんだ

わけがわからん
とりあえずいい!

明けてしまいました
ネガティブなことが脳裏よぎりますけどあえて形にするのはやめ


体調ともにコンディション最悪の中
神戸に帰って神戸の人とおもいっきし遊ぶはずが
風邪のばかやろーのせいでちっとしか楽しめなかった

けど朝まで遊んで朝から部活
分かってたことだけど

やっぱりハード

食欲が湧いてこないから
どんどん痩せてく

冷や奴とか枝豆とかはいけて
お酒も無理ってほどではなかった
体のパロメーターいつになったら元に戻るんかいな

今日1日ミーハーな社会は激震だった
自分の中で

まず

橋本弁護士が当選
政治のことはよー分からんけどいろいろ考えさせられた

ほんで

次は
女子のマラソンでの福士さんの走りっぷり
あんなぼろぼろになっても走り続けるプロ根性

ほんで

大相撲
朝しょうりゅうVS白鳳
震えたね
白鳳の気合というかプロ根性感動しまくった

ほんで

うるぐすで特集やってたKINGカズの意識の高さ

自分のぬるさを痛感したし
頑張ろうって思った

スポーツ選手とか有名な人は凄い
話を直接聞いてみたいな

HOME | 1  2  3  4 
KARENだa-
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
NEW topic
(07/14)
(05/02)
(02/16)
(01/25)
(12/20)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]