Cats.com 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write


地元の誰かが結婚する
お酒が入って毎度こんな雰囲気なっちゃいますよね

先日、支局長に挨拶に行ってきてその後夕方からお酒を飲んだのですが
そのお店までの道のり

あらゆるジャンルの人とばったり出会い、人脈の広さとすっと懐に入っていく接し方
紹介して頂く背中を見て単純にすごいなと感じました

各々の価値観は違うと思いますが、あらゆる仕事がある中で

①人
→仕事のみならず、考え方や生き方、行動において尊敬出来る人、目指すべき背中
場数踏んでる人はなにかしら尊敬出来る部分が多いし、すごいなと改めて思います

②やりがい
→世の中とどれぐらいの距離感で、どういった感度と接点を持って関わっていけるか
その中で何を残し、形成し、身につけられるか

③バランス
→自分にとってのバランスは、やりがい、給与、時間の3つかな?
勤務地とかやりたい事であればどこでもいいやと今は思ってます

あんまり長々と綴ると叩かれるのでこのあたりで
PR


仲良い彼と会えなくなるのは寂しい限りです

今日は大学のゼミ会でした
その後、OBの方々も随時集まって懇親会
だるい!めんど!と思ってたけどとりあえず行ってみると
物腰柔らかく、話が面白い人が非常に多かったです

単なる笑いを取るっていう面白さだけでなくて
相手の意見を汲み取り、深みのある話の面白さ
今日出会った人はそんな人

人間関係を疎かにしない人
そういう人が結局は競争社会を勝ち抜くんだろな
そう思って試行錯誤してますが、なにぶん難しい

相手を選ばず、自分に事情は考慮せず
回数を重ねれば信頼関係は構築できる
後は、そのために何を犠牲にするか
今日であった人も回数重ねる中で繋がりをいいものにできれば


後輩の試合の応援に
ほんとに見る価値ある白熱した試合
現役の選手はほんとによく走る、そして上手かったです
5年前、あんな走れてたのか
走れてなかったと思います
もう5年です



いつまでも変わらないものと変わったものがありました
来年は丁度運良く国体のお仕事が出来そうです
1つの試合に隠されたドラマを掘り起こすことが出来れば嬉しい限りです



NLCの先輩に地元の友達を紹介したらいい結果に
紹介したほうも嬉しいです
少し早いけど個人的に結婚してくれたらもっと嬉しいですね!


とんでもない世界に自分は首を突っ込んでしまったな
想像をはるかに超えている、これが率直な感想

この世界で生きていける気がしない
でも、そんな中生きていけたら大きな自信になるんかな
もうやり直しはきかない、だからここで自分の持てる力を全てぶつけて成長していきたいです
得ようとするものが大きいほど犠牲にするものもそれなりの対価が必要だと感じます

11月です


まるさんおめでとうございます!
久しぶりにいろんな人に会えておもろかったです。
ちょいとばかし遠かったですが、行ってよかったです!


ここんとこ土日平日問わずしょっちゅう開催されるナニワ飲み
だいたい3時ぐらいまで飲んで皆限界超えるとしれっと帰宅
そしてしんと漫喫へ
そんなこんな漫喫生活も結構快適に過せるようになりました

次の日ほんまきついですが、いい人等と出会えたなとほんま思います!


秋なると、食欲も物欲も性欲も湧いてくるけど
なにより眠たいのは自分だけですかねー


ちょっとcafeみたいなとこで働いて思うけど
こんなん作れるのすごい
作り方とかついつい見ちゃう



Macのアプリ何気にすごいことが分かりました



木暮荘物語 P132,133より抜粋

男性がたいてい、「大きく見えるように」と注文するのが不思議だ。花の種類に詳しくないうえに、色合いの指定をするなんて、あまり考えつけないためだろうけれど。女性で花束の大きさにこだわるひとは、そう多くはない。若いひとは特に。それよりもめずらしくてうつくしい花が使われているか、色づかいの調和が取れているか、アレンジのセンスがいいかを気にする。

男女がお互いに求めるもののちがいが、こういうところにも表れるだとうか。花の茎を切りそろえながら、佐伯は考える。男は花束を通して、自身の力をアピールしようとする。金銭や自分の存在の大きさといったものを。でも女は、受け取った花束から相手の気づかいや対話の意志を読み取ろうとする。どれだけ自分の好みを知ってくれているか、どれだけ細やかな思いを注いでくれているかを。

男女の気持ちがすれちがうのも当然だ。リボンをかけたブーケのバランスを点検しながら、佐伯はひっそり笑う。愛を得たいと願う心は同じなのに、どこかが決定的に噛み合ない。だからこそ、いつまでも飽きずに恋ができるのかもしれない。

注文主は、五時を少し回って現れた。照れくさそうにピンクの花束を持って、勇んで夕方の街へ出ていく。佐伯は繭ちゃんと一緒に、店先で男を見送った。「ああ、日がくれるのが早くなってきたんだな」と気がついた。

少し長くなったけど、多分花に限らず何にでも共通してることやなと思う反面、適格にとらえる三浦しをんに驚愕しました。



カーディにたまたまばったり会ったら支店長でした
ラクロスていう一面から離れて接するとまた違った人物像が見えて刺激的でした
そのモノサシってほんとに一面的で限定的だったなと反省

限りある20代を目先の楽しいこと、居心地のいい空間に逃げてたらあかんなて彼見て思いました
頑張ろう!


営業で自分の成績だけ良ければそれで良しみたいな
ぼくも考え方そっちなちっぽけな人間ですが
それだと周りを巻き込むこと出来ないし、会社の枠を出てインパクトを残すことできない

周りに比べて劣っている部分が多い
必ずしも全部では無いし、何かを評価してもらったから今この位置にいる
ただ現状見据えると、自分のやりたいことを犠牲にしないと
周りを巻き込むどころか、周回遅れになりつつある

そんな小難しく考える一方で、
遊び心てなにをやるにも大事なってくるんだなて思います
ナニワに入って良かったちょっとした気付きかもしれません


僕はこの世界でやってけるのだろうか
なんで自分はこの世界に入れたんだろうか

ただ、誰も自分の進んだ道を後悔していない、
もしくは自信を持っているところに感銘しました


おそくなりましたが、藤原おめでとう!
一緒に練習したり、くだらんこと言ったり・・・
相変わらずテキトー具合ぴか一でおもろかったわー!


あれもこれも
そんな時、1つ1つが浅くなる
何か1つ絞ってどっしり入り込んだ方が吸収出来るモノはきっと大きいはず


お気に入りの写真です

田母神さんの言う「日本派」
考えには賛同したいけど、国との信頼関係が不可欠


練習後NLCでBBQしました!



この時期は肉もいいけど、なんせ秋刀魚がええ味出します!



ちゅらいがとても楽しそうやった!



この時期になって春先に比べて体が動くようになってきたし、体力も付きつつある気がします
26歳にもなると、22歳の頃の知ってるラクロスが変化してるなって思う
ライド、クリア、攻め方、守り方等情報を更新していく大切さ
だからなのか年長者が幅を効かすチームはなかなか勝てないのかな?

1つ1つのプレーをいかに考えてなかったかを痛感してます
ここんとこの練習で意識していること諸々

基本的にシュートスキルのレベルアップが課題
・45度からの1on1は攻めの上で有効であり、単発でもフィニッシュまで持っていきやすい
→トップからの1on1はこじあけるのが難しい
・半身抜いた後のシュートレンジまで持っていくスピードアップ
→打てる!て思ってからどうしても流されている、DFに体を預けながら打てれば多分OK
・クリース前でもらった後の選択肢がださい
後はキャッチ能力!

学生ん時より
・クリース前でボールを触るシーンが増えている
・左を使ったプレーにあまり不安を感じなくなっている




昨日の練習場にサントリーの山崎工場が近かったので見学に行ってきました
試飲会などありましたが、どんだけ飲ますねんてくらい飲まされほろ酔いで帰宅しました
オリジナルマドラーや、ショットグラスなどももらえるので結構価値高めだと思います


LAで出会ったパイロットの中村さん(43歳)
日本の大手商社に27歳まで勤めてそこからパイロットになられたSexyなお方
雰囲気、言葉1つどれをとってもオーラがありました

ほんとに前を向いて生きてるんだなてのが伝わってきました!


笠間、しゅーわ、へーた、金井、マル、たくにゃん、ゆずちゃん、ゆきちゃん

全員酒強すぎやわ〜


帰ってきて無気力状態のため、最近のことを
ちょっと一息つきます
とりあえずトレーニングだけは完了

平日のことを
・働く
・トレーニング
→今までは筋トレやランニング中心だったけど、クロスを触る時間、戦術やプレイを考える時間に時間を割かなければいけない。ただどっしり時間をとって行いたい作業なため結構難しい。
ボールを触ってシュー練、動画などでカットインのタイミング、ボールの展開の仕方、クリアの顔出しのタイミングなどイイシーンを真似る、イメージするってことを怠ってたし、試合に出る最短のトレーニングなので行う必要あり。
→但し、上記は今迄のトレーニングに+αであるものでなければならない。
つまり、日々のトレーニングは継続。ランニングが中心だが、ウエィトトレーニングを増やしていきたいところ。
・大学の勉強
→各不合格のレポート作成。物事の真理を追究出来ていないから解釈が曖昧になっている。
参考文献の読み込みと自身の考えの体現化が出来ていない。
→卒論のテーマを社会保障問題からメディア業界のこれからの展望に変更したため、資料からの初期段階の構成。
社会保障も今後変化していく大切な問題だが、自分の務める企業がどういった変換が必要かに迫ることで仕事に直結した知識が身につくのではないか。
そう考えて変更して取り組む中でなんとかまとめあげたいところ。
・資格
→ニュース検定と日経TESTの対策。意外に難しい。
特に前者は必須のため、1発で合格出来るように抜けが無いようにしたい。
・プライベート
→人と会う
職業上、今後なかなか友人に会えなくなる事も多いため、今の内により多くの人と再会出来ればと思ってアクションを起こしている最中。
又、人と会うというのが仕事の根本。どうやったら話してくれるか、どうしたら関係を築けるか、出来るだけ多くの人と接するために自分の引き出しを増やせればと思ってます。
テーマ:軽さと真面目の使い分けが出来ること。
<軽さ>
基本的には自分から心を開いていく。
NCLに入って自分が1回生や2回生時のPOPは言い過ぎだけどいい加減な感じが戻ってきつつある。
ただ、本当に軽さを出してはいけない。
<真面目>
真面目いっぺんとおりでは関係は構築出来ないし、幅が持てない。
人の話を聞く。興味のない話、人にこそしっかり聞く力
固いと心を開いてくれないため、ある程度こちらこら不安点、自分の内を示すことが簡潔
真面目ver.(特に年配者など)では、自分の生き方から見える考え方、ターニングポイントでどんなアクションを起こし、試行錯誤してきたか・・・多分、見ている人は見てる。
特に大事なのはアクションの濃度。

キャパオーバーなりかけなので微調整です!
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
KARENだa-
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
NEW topic
(03/16)
(01/09)
(09/26)
(09/11)
(04/02)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]