Cats.com OFF 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write


今年の2月に走ったタイム



今日走ったタイム

1回飲むにつき5kmぐらいラン
だいたいは24〜26分ぐらいをのほほんと走るんですが
ちょっとペースを上げて見てみると

同じコースやけど比較するとおもしろい
特に最大速度が早い割にはタイムがそれほどでもない
平均速度が全体的に落ちてるとこがミソ

高低なしでどれぐらいのタイムが出るのか試してみそ

下半身の筋トレしてみよー!
PR


寿司屋にネタが集まるってのは本当みたいです

昨日お寿司を食べに行きました
ある大学の麓にあるお店ということもあり
教授や医者が出入りするところ

今年で阪神淡路大震災から20年
当時30代で被災した人も50代

外資系企業は貨物をチャーターしていち早く人工島の倉庫から荷物を出す一方
食品関係を扱う中小企業は倉庫で商品が腐ってしまう
人工島を繋ぐ橋は渡れない

銭湯が15分の入場制限がかかった話
屋根の下で寝るのが怖くて真冬の公園で寝泊まりした話

口を揃えて一種の麻痺、もう二度とあんな頑張れない

人の生きる活力を生の話を聞くことで目の当たり

社会、経済事象の背景に潜んでいる事実を知りたい
ただお酒を飲むのも勿論楽しい
女将さんが人と人を結びつけてくれようとする
お金に代えられないプライスレスだなと感じました

youtubeで配信されている古田や桑田の野球講座
野球の奥深さを感じる動画で面白いです



イノウエ・ヤンマーフィールド・時々ナガイ



シオさんの二次会に急遽参加させて頂きました
シオさんおめでとうございます!



受け身しながら登場してずっと柔道着w



個人的に退場する時のこの写真が一番好きです



三次会まで通して1円も払わなくていいという先輩の太っ腹っぷり



久しぶりに金井さんとDKさんに会いました
こーじさんとDKさんの司会は笑いもしっかりとりつつ、バランスよく安定感に定評ありました



西田さん誕生日でシオさんよりケーキもらうという主役ぶり



ということで当然の一気飲み



三次会こーじさん、西田さん、DKさんと行ったのですがくそわろておもろかったです



こうやって呼んでもらえるのありがたいことです

個人的にいわしろさんがビンゴの景品でディズニーランドのチケットのくだり
ずっとアイスランド!て連呼してる空気感がおもろかったです

 

最後にカラオケ行ってフィニッシュ
おつかれっした!


高校の先輩に群がってゴルフコンペ
むずいけど、おもろいです!

ゴルフもそうですが、合間のトークでいかに笑いをとるか

人と仲良くなろうと思ったら
出来れば1on1で10時間取れるとなんとかかんとかそこらへんから仲良くなれる兆しが
時間かかりすぎですね〜


寝違えました

ある五十代の社長さんとご飯に行く機会があり、
「どんな相手でも考えを否定をしない」
をモットーとしている社長さんと少し前に出会いました
二十そこらの私の話を経営者が目を見てしっかり話を聞いて下さる姿勢

気付かせ屋に徹する
その上で相手に価値観や考えを伝える
一流のコミュニケーションだなと実感しました

なぜその人に出会えたか?
父の接待の席に同席させてもらう
なぜ私をその場に呼んだのか?
恐らく、私の置かれてる環境や考えを理解した上で足りないものを伝えるために

人に何かを伝えるのは言葉や背中かと思ってましたが
それだけではなく「人」もその手段の1つなんだなと気付きました

その手段は上っ面ではなかなか出来ない
信頼関係を構築出来、ケースバイケースに合わせて伝えるメッセージに併せて人の幅も必要
巡り巡って「人」は言葉や背中で教えている事でもあるんだなと思います

親という立場で娘、息子に直接語りかける人は世の中に殆どですが、
そこに「人」を介する姿勢は経験の幅と乗り越えてきた場数の違いを肌で感じます

それら1人1人と会う中で人間関係を疎かにしちゃいかんなと学びました

50過ぎると皆そこそこ地位も実績も上げてくる
「人」をより多く残せるか否か
それがそこそこで終わるかどうかの座標かもしれません

世の中広い!

我を押し通すのは言葉ではなくて行動ですね!

神戸に帰ってきて学べた一番良かったことです
そんな父に自分もなれれば言うことないですが、当面はちょっと難しいです


地元の誰かが結婚する
お酒が入って毎度こんな雰囲気なっちゃいますよね

先日、支局長に挨拶に行ってきてその後夕方からお酒を飲んだのですが
そのお店までの道のり

あらゆるジャンルの人とばったり出会い、人脈の広さとすっと懐に入っていく接し方
紹介して頂く背中を見て単純にすごいなと感じました

各々の価値観は違うと思いますが、あらゆる仕事がある中で

①人
→仕事のみならず、考え方や生き方、行動において尊敬出来る人、目指すべき背中
場数踏んでる人はなにかしら尊敬出来る部分が多いし、すごいなと改めて思います

②やりがい
→世の中とどれぐらいの距離感で、どういった感度と接点を持って関わっていけるか
その中で何を残し、形成し、身につけられるか

③バランス
→自分にとってのバランスは、やりがい、給与、時間の3つかな?
勤務地とかやりたい事であればどこでもいいやと今は思ってます

あんまり長々と綴ると叩かれるのでこのあたりで


仲良い彼と会えなくなるのは寂しい限りです

今日は大学のゼミ会でした
その後、OBの方々も随時集まって懇親会
だるい!めんど!と思ってたけどとりあえず行ってみると
物腰柔らかく、話が面白い人が非常に多かったです

単なる笑いを取るっていう面白さだけでなくて
相手の意見を汲み取り、深みのある話の面白さ
今日出会った人はそんな人

人間関係を疎かにしない人
そういう人が結局は競争社会を勝ち抜くんだろな
そう思って試行錯誤してますが、なにぶん難しい

相手を選ばず、自分に事情は考慮せず
回数を重ねれば信頼関係は構築できる
後は、そのために何を犠牲にするか
今日であった人も回数重ねる中で繋がりをいいものにできれば


後輩の試合の応援に
ほんとに見る価値ある白熱した試合
現役の選手はほんとによく走る、そして上手かったです
5年前、あんな走れてたのか
走れてなかったと思います
もう5年です



いつまでも変わらないものと変わったものがありました
来年は丁度運良く国体のお仕事が出来そうです
1つの試合に隠されたドラマを掘り起こすことが出来れば嬉しい限りです



NLCの先輩に地元の友達を紹介したらいい結果に
紹介したほうも嬉しいです
少し早いけど個人的に結婚してくれたらもっと嬉しいですね!


とんでもない世界に自分は首を突っ込んでしまったな
想像をはるかに超えている、これが率直な感想

この世界で生きていける気がしない
でも、そんな中生きていけたら大きな自信になるんかな
もうやり直しはきかない、だからここで自分の持てる力を全てぶつけて成長していきたいです
得ようとするものが大きいほど犠牲にするものもそれなりの対価が必要だと感じます

11月です


まるさんおめでとうございます!
久しぶりにいろんな人に会えておもろかったです。
ちょいとばかし遠かったですが、行ってよかったです!


ここんとこ土日平日問わずしょっちゅう開催されるナニワ飲み
だいたい3時ぐらいまで飲んで皆限界超えるとしれっと帰宅
そしてしんと漫喫へ
そんなこんな漫喫生活も結構快適に過せるようになりました

次の日ほんまきついですが、いい人等と出会えたなとほんま思います!


秋なると、食欲も物欲も性欲も湧いてくるけど
なにより眠たいのは自分だけですかねー


ちょっとcafeみたいなとこで働いて思うけど
こんなん作れるのすごい
作り方とかついつい見ちゃう



Macのアプリ何気にすごいことが分かりました



木暮荘物語 P132,133より抜粋

男性がたいてい、「大きく見えるように」と注文するのが不思議だ。花の種類に詳しくないうえに、色合いの指定をするなんて、あまり考えつけないためだろうけれど。女性で花束の大きさにこだわるひとは、そう多くはない。若いひとは特に。それよりもめずらしくてうつくしい花が使われているか、色づかいの調和が取れているか、アレンジのセンスがいいかを気にする。

男女がお互いに求めるもののちがいが、こういうところにも表れるだとうか。花の茎を切りそろえながら、佐伯は考える。男は花束を通して、自身の力をアピールしようとする。金銭や自分の存在の大きさといったものを。でも女は、受け取った花束から相手の気づかいや対話の意志を読み取ろうとする。どれだけ自分の好みを知ってくれているか、どれだけ細やかな思いを注いでくれているかを。

男女の気持ちがすれちがうのも当然だ。リボンをかけたブーケのバランスを点検しながら、佐伯はひっそり笑う。愛を得たいと願う心は同じなのに、どこかが決定的に噛み合ない。だからこそ、いつまでも飽きずに恋ができるのかもしれない。

注文主は、五時を少し回って現れた。照れくさそうにピンクの花束を持って、勇んで夕方の街へ出ていく。佐伯は繭ちゃんと一緒に、店先で男を見送った。「ああ、日がくれるのが早くなってきたんだな」と気がついた。

少し長くなったけど、多分花に限らず何にでも共通してることやなと思う反面、適格にとらえる三浦しをんに驚愕しました。



カーディにたまたまばったり会ったら支店長でした
ラクロスていう一面から離れて接するとまた違った人物像が見えて刺激的でした
そのモノサシってほんとに一面的で限定的だったなと反省

限りある20代を目先の楽しいこと、居心地のいい空間に逃げてたらあかんなて彼見て思いました
頑張ろう!


営業で自分の成績だけ良ければそれで良しみたいな
ぼくも考え方そっちなちっぽけな人間ですが
それだと周りを巻き込むこと出来ないし、会社の枠を出てインパクトを残すことできない

周りに比べて劣っている部分が多い
必ずしも全部では無いし、何かを評価してもらったから今この位置にいる
ただ現状見据えると、自分のやりたいことを犠牲にしないと
周りを巻き込むどころか、周回遅れになりつつある

そんな小難しく考える一方で、
遊び心てなにをやるにも大事なってくるんだなて思います
ナニワに入って良かったちょっとした気付きかもしれません


僕はこの世界でやってけるのだろうか
なんで自分はこの世界に入れたんだろうか

ただ、誰も自分の進んだ道を後悔していない、
もしくは自信を持っているところに感銘しました


おそくなりましたが、藤原おめでとう!
一緒に練習したり、くだらんこと言ったり・・・
相変わらずテキトー具合ぴか一でおもろかったわー!


あれもこれも
そんな時、1つ1つが浅くなる
何か1つ絞ってどっしり入り込んだ方が吸収出来るモノはきっと大きいはず


お気に入りの写真です

田母神さんの言う「日本派」
考えには賛同したいけど、国との信頼関係が不可欠
HOME | 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
KARENだa-
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
NEW topic
(11/16)
(11/04)
(09/15)
(09/03)
(05/25)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]