Cats.com OFF 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write
PR


あっというまの1年
・紀の川市小5殺人事件
・大学、実業団相撲
・たま駅長
・児童養護施設のあり方
・高校野球(智弁和歌山、早稲田実業、仙台育英)
・国体(全種目)
・社会人野球(箕島球友会)
・高校駅伝(和歌山北、神島)
出会った人は数えきれず、日に日に街を歩いてると
あいさつ出来る人が増えたのがほんのささやかな喜びです
多くの人に出会いお世話になりました

最後の締めは高校ラグビー
熱い試合とその裏の「人」のドラマが見れるのが待ち遠しいです


「期待」はありがたい
ですが、「願望」に変わっていくと怖い
「こんなつもりじゃなかった」「こんな風に考えている」
ずれ、ギャップにたどり着くまで
「私はこう思っている」「こうであればいいのにな」
期待をちらかせることでいつしか、押し付けに変わり負担になる
平穏に暮らしたいだけなんです

そんな余計なことを考えていると
頭の中でイメージしていたネタで抜かれました
休みでもある程度アクション起こさないと不安なります

この1年自分が立てた目標の1/3はクリアできた
2/3クリアできなかった
捉え方次第ですが、クリアできた部分もある
少しずつですが伸びていると実感します

足りない部分は多いけど、こんな自分でもできた部分が少なからずある
それはキャップとデスク含め先輩方のおかげ
本当にそこに尽きます

更にステップアップするためには
今のやり方に+αして工夫を凝らさないと成長できない
ちょっとでも油断すると、自分の居場所はここからなくなる
そう思う日々です

スポーツをやってて良かった
教育、経済などからまた運動へと戻ります

練習場に1回でも多く足を運ばないと以外に厳しい
コーチや監督を見る目と同じ
たまに行くだけではいつまでたってもお客さん扱い

1つの目安が「10時間」

仕草、コンタクト、会話、流れ、ラントレ、自主連の風景・・・
ここをいかに見れるかが内容の深いモノが完成出来るかの瀬戸際

わからないことを聞くより
専門競技でなければルール、練習メニューも勉強
クレードルって何ですか?より
スパゲってどんな意図があるんですか?

知ったかぶりにならないように
クレードルってこういうことですよね?
笑いや親しみも大事ですが、こういう姿勢も大事

やっていくと引き出しが増えていきます
「脱」おきゃくさん














「斜陽産業」
業界、情報自体は無くならない
だが今後確実に変化していく

ただそう悲観的でもない
顧客の基盤とツールはあるので使い方次第
需要と供給のずれがどうやったら埋められるか
目標やテーマを持ちながら持続できれば

自分みたいなマグレな人間は
コツコツ実績を積み重ねて置かないと後々大変なことに
そう考えると少々無理してでも「良い時」に頑張らないと
気付いた時に手遅れでは打つ手がない

仕事一色になりつつあるけどそれも時と場合による
視野が狭くなるので気をつけないと

と思います
・仕事を通してスキル面の成長
→余裕を持てない状況から学ぶことは大きい
体が動かせられる、本を読むなどつまり余裕があるということ
勿論、インプットする時間を確保するなど余裕は必要
一方で「逆」の状況に自分を置くことも大事
成長の幅はどうか、もう一歩伸ばすために何が必要か

・将来の指針をどこに置くか
→50歳になった時にどういう大人でいたいか
自分の生き方を言葉ではなく、背中で見せられること
×:自らの経験から言葉をかける、接する
⚪︎:人に合わせてヒントや接し方を変えられる
幼い頃、父が仕事に明け暮れていた
少年野球のコーチをしていた別の親を羨ましがってたが
それで良かった
一緒の時間より「何」を残すことができるか
「思い出」よりも「考え、人、経験」を残すことの方がよっぽど難しい
→「やりたい事を今できていることはなぜか」
・諦めずに本気でやれば、可能性は広がる
遺伝を受け、背中を見て、後押ししてもらったからこそ今がある
仕事の中で「なぜこの道を選んだの?」というストーリーを聞かれ
少なからず人間性を見て頂ける部分があるのは1つの財産
ストーリーが持てるというのは1つの「経験」がある
この先については自分次第の頑張り次第ですが
→この年齢でやりたい事が出来て良いのか
・+に捉えるべき、来年これを達成するなど細かい短期・長期目標を設定
→必要なスキルや考えを身につける

・予測
→今何が起きているかではなく、これから何が起こるかを考える重要性
具体的には過去の事例のスパン、契機などの「歴史」から動向を読み取る

・体力作り
→「スポーツは今しか出来ない」「仕事も今しか出来ない」意外と・・・
×スポーツをするための体力
⚪︎仕事で踏ん張れるための体力

・「無駄」にいかに時間と労力をかけられるか
→スポーツ取材は練習をいかにグラウンドに足を運んで見れるか
選手は見ている、フォームの変化などいつもとの「違い」に気づけるか
これに限ったことではないが、真面目に素直にやってると、上司、取材相手、読者etc・・・
見てる人は見てくれている

・自分だけにしか書けない原稿を
・世の中の流れを汲めるニュースを
・舞台裏の心の動きやドラマを
・他社の追随を許さない真実を


「九回裏、土壇場の同点打」



「素人集団の抵抗」



「午後5時の箕島港」



「結婚」



「乱調」



「奇襲」



「主砲の一振り」

 

「けん制」



「リオへ」



「目指せ都大路」



「かわす」




「解散」



「先陣」



「先制」


「田舎にかかる桟橋」



「横一線」



「最後の力を振り絞って」



「一本」


「斎藤 汚名返上」



「清宮再び」



「起死回生の上手投げ」


「路地裏に差す夕日」


「日本最大の客船 飛鳥Ⅱ」


「歓喜」
HOME | 1  2  3  4  5  6  7 
KARENだa-
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
NEW topic
(04/02)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]