Cats.com 2014.6.19 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write


Ⅱ.どのようなプレーヤーになっているべきか。そのために何をすべきかを自身でスパンに区切り、明確にする。
【プレイヤーとして】
チームが目指すべき方向+α(オプション)となる、個のスキル(以下記載の特徴)のレベルアップをすることで選手層アップに貢献→出場→勝利に貢献
【何をすべきか】
→具体的には以下Ⅲ.にて記載。

Ⅲ.自分の特徴を踏まえて、自身がどういうプレーをすべきか(したいか)、どういった形で試合に出場すべきか(したいか)を考える。
【前提① 特徴と意識すること】
・1on1
①トップ、サイド、インバート全てから仕掛けが可能な1on1
②ロール時にDFを引きつける、DFに体をあてつつもそこでボールダウンしない
→そこでの展開の精度、スピード、体のキレにこだわる。
③徹底してゴールに向かいながら崩し役に徹することで、クリース回り、カットインが得意な選手が動きやすくなるプレーの実践
→具体的には、1on1時に自分から攻撃に向かう意思表示を早めに出す、また上記プレーの特性が出せるようにどうして欲しいかのOF間のコミュニケーションを取る、ランシューの精度UP

・流星のように駆け抜けるクリア
①G、DFが出しやすい切替と意思表示
②Pass Goでブレイク形成+省エネクリア→DF、ATとの連携
③周りが体力回復出来るように駆け抜けるフィジカルUP→ショート数枚、ロング1枚ぐらいはこじあける

・グランドボールを制してチャンスメイクに貢献
①体の入れ方、下半身を落として基本に忠実両手でしっかりスクープ力を上げる
②ボールダウンの予測からの寄りとフォローの精度
③数的不利であってもスクープ、もしくは粘ってファールを誘う
【どういうプレーをすべきか】
短期:斉藤学のような上記特徴を活かした仕事人。スーパーサブ。
長期:長友のように何度も仕掛け、敵より走り負けない。
【試合への出場に向けて】現状は戦力になっていると言い難いのでまず目指す位置は、スーパーサブ。流れを変える仕事人。そのために特徴である3点においてベストな状態にコンディションを仕上げつつ、それをチーム戦術にフィットさせる。
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 929  928  927  926  925  924  923  922  920  919  918 
KARENだa-
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
NEW topic
(04/02)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]