Cats.com 師走 忍者ブログ
もすら.com改訂版
Admin / Write
ども12月です。
あっという間に半ば。

運命の人がどろどろしすぎて、
暗くて、まだ2巻だけどもこれから人として壊れていくんだなと思うと、
全然気持ちのってこまてん。

みなみちゃんのドラッカーを読んでると、
学校の先生になりたくなります。
そんな僕は絶対にみなみちゃんに怒られる1人だと思います。

こんちは。間違えたしゃお。

相も変わらず、客層のよくないお方を相手にしてます。
すると、トラブルがよく起こる。

うちでやるよってなって、いざ納品とかはいどーぞてきなときになると、

ちょっと気に入らんことがあるとすーぐ態度変わる。

自分の言ったことをすーぐ曲げます。
そんなんいってない。
助詞の使い方1つをどうにかして、
自分の言い分に持っていこうとします。

向こうからしたら
証拠ないじゃーん!書面で合意したかー?てな話ですよ。

全員のざです。笑

えみちゃん人が記号に見える世界から卒業いいなー。
人が人に見える世界に戻れるなんてー。

記号世界ではうけるギャグが理解できません。
日に日に染まる自分がいます。

「ここ掘り起こしたら、レアメタル出てきたらねぇー。」

どっかーんです。

えっ!?

NHKか!

これを面白いと思った瞬間ぼくは多分記号になってます。

多分

8くらいに。デブ。


うちは3月が一応1年の締め的なときなんで、
1年の流れをラクロスに例えるなら、

8月がプライド的な感じで
12月がリーグ戦終盤に対戦する京大戦て感じで
3月がFINAL3かFINALて感じです。

プロ野球で言う8月。
中日ドラゴンズはこっから巻き返します!

最近1件1件の行動がほんとに鍵を握りますね。
そのお客はほんとに訪問するべきか。

会う人はどのレベルの役職の人で会社の中でどれくらい権限があるか。
お客様が検討しているのはなぜか。
その背景にはどんなことがあって、いつまでにどうしたいか。
当たり前だけど、ここを意識してます。
そんで現状をしっかり認識した上で、改善点の提案。

ちゅらいゼミはちゃんとやっておいた方がいいと思うよ。
卒業するためのゼミではなくて、これから1秒でも早く家に帰る方法として。

プレゼンしかり、パソコンスキルしかり、論理的思考しかり。

たとえいい人であっても、課長とかのレベルの人と話しても人生経験としては大いにありだけど、仕事にはなりまてん。

社長に説明するために、担当者がまずは理解する。
そのためにありとあらゆる資料を用意させられる。

社長が怒るととりあえずその部下もとりあえず怒っておけてきな感じです。

そんなんよりずばっと上の人に直接会うことの大切さ。

メディア、本=教科書
人の話=問題集、参考書。

ボードげっとんしました!
5000えんなり~

PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
無題
それ、ぜーいん俺やん!!

ちょっと注意しに行ってくる!!
のざき 2010/12/18 02:24 編集
無題
勉強なります!

ちゅら 2010/12/18 17:34 編集
無題
中指つきたてたって!
きゃっつ 2010/12/19 21:26 編集
無題
ちゅらいのレスポンスの速さやったらどこでも大丈夫でしょ!
きゃっつ 2010/12/19 21:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 565  564  562  561  560  559  558  557  556  555  553 
KARENだa-
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
NEW topic
(07/01)
(04/02)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
Profile
HN:
Catsnn
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/09/28
趣味:
読書,音楽鑑賞,アート,ピアノ,書道,野球,ツーリング,グルメ,旅行etc・・・
自己紹介:
京都産業大学外国語学部ドイツ語学科在籍 2006~2010

慶應義塾大学文学部Ⅱ類在籍 2012〜

京都産業大学体育会男子Lacrosse部 所属 #9 2006~2010

RAGGAMUFFINS(東日本ラクロスクラブ)所属 #30 2011~2012

NLC Honetz 所属 #30 2014〜

A-kaiv
Zugang

ジオターゲティング

忍者ブログ [PR]